Dashboard Print this page RSS feed Home
 

和服をリサイクルするためのコツや売却業者について

不要になった着物や振袖がある場合、処分方法は主に2種類となります。1つは譲渡、もう1つは売却です。着物と言いましても使用頻度が高ければ、ボロボロであったりシミの付いた部位もあるでしょう。しかし人によっては和服として着用するのではなく、生地を再利用したいと思っている場合もあるのです。よってボランティア団体や譲渡掲示板などを活用して、大切に扱ってくれる人を探してみてはどうでしょうか。

次に売却ですが、これは和服リサイクル業者を利用するといいです。購入者があなたご自身であれば、購入金額もご存知のはずです。また着付け教室や茶道などを嗜んでいるのであれば、所持品の中古価格も知っているかもしれません。もしかしたら有名デザイナーの方が制作した作品をお持ちかもしれませんので、鑑定士の在籍している和服リサイクル業者へ査定に出してみましょう。

和服リサイクル業者に関しては【和服をリサイクルするためのコツ(和服リサイクルのおすすめウェブサイト)】にて掲載されています。また和服をリサイクルするためのコツについても、別の角度から意見が掲載されていますので非常に参考になるでしょう。日本では着る人の数も年々減少している和服類ですが、海外ではとても人気を高めています。人気女優やアーティストの方が着用するなど、国外での需要は増していますので少しでも高く保有している品を売却したいのなら、専門業者に依頼してみてください。きっと満足のいく取引が出来るはずです。